必要な時だけ借りれるWiFiルーターのレンタルサービス(国内用)

 旅行や出張、一時帰国などでネット環境が無いときにもネットが使いたい。そんな時に便利なのがこのWiFiルーターのレンタルサービス。WiFiルーターは普通に契約すると2年契約など長期の利用が前提となってしまいますが、WiFiレンタルサービスは最短1日から必要な日数だけレンタルして使うことが出来ます。通信量や端末代金なども必要なく、かかる費用はレンタル料金のみ。使うときだけ安く利用できるのがWiFiルーターレンタルのメリットです。当サイトではそんな便利なWiFiレンタルサービスを調査し各サイトの特徴をまとめ、最もオススメのサイトをランキング形式で紹介しています。WiFiルーターレンタル初めての方、どこを使えばいいか迷っている方はぜひ当サイトのランキングを参考にしてみてください。

業界最安級の料金と簡単な返却方法 法人なら銀行振込もOK
新機種・エリア激広のドコモ端末導入!!!

WiFiレンタル本舗はワイモバイル・WiMAX・ドコモがレンタルできるWiFiレンタルショップです。料金は1日あたり430円で、通信料等は必要ありません。月またぎでの料金もかからず、1日からレンタルできるので使いやすいショップです。返却は付属のレターパックでポスト投函するだけなので簡単・便利。15時までの注文で最短翌日に到着可能ですぐ利用できます。空港内郵便局への配送も可能。法人の契約であれば銀行振込みでの注文も可能です。ホームページも見やすく簡単に申込みできるので、国内用WiFiルーターを借りるならまずはここをオススメします。
【おすすめポイント】翌日受取可 ポスト返却可 銀行振込可(法人のみ)
サイトはこちらから

嬉しい多言語対応!

JAPAN WiFi Rentalは比較的新しいレンタルショップです。取り扱っている機種は[SoftBank303ZT]の1機種のみですが、速度・エリア・通信制限(月間30GB)など、かなり使い勝手のよい機種です。通信制限も月間30GBなのでそこまで通信量を気にする事無く安心して利用できるうえ、ソフトバンク回線なので当たり前ではありますがソフトバンクの携帯と同じエリアで利用できます。勿論ドコモやauなどキャリア問わず接続可能です。また、サイトが日本語英語の他「繁体字」と「簡体字」の中国語にも対応しているので海外からのお客様には嬉しいサービスです。
【おすすめポイント】多言語対応・ポスト返却可・空港受取可
サイトはこちらから

値段が安くシンプルなレンタル方法で便利度が高い

WiFiレンタル屋さんは値段、サービスなど総合的に考えてバランスのとれた優良店といえるでしょう。1日当たり450円、1カ月当たり6,750円という安さに加え、月をまたいでの料金がかからないところが大きなメリットです。また、返却は付属のレターパックを利用すればいいのでポストがあるところならどこでも返却できます。一時帰国で出来るだけ長くWiFiを使用したいなどといった場合でも、帰りの空港でポスト返却できるのでギリギリまで使用可能です。総合的にバランスの取れた便利なショップです。
【おすすめポイント】月跨ぎ料金不要 ポスト返却可 空港受取可
サイトはこちらから

配送無料 保障無料でうまく使えば安くなる場合も

WiFi-Hireは最短3日間から利用できるWiFiルーターレンタルサービスです。3日間、5日間、7日間など利用できるプランが決められており若干使いづらいところがありますが、配送料が無料なことと故障や破損などの際に無償で端末交換してくれるサービスが付いているのがポイントです。レンタル延長は1日1,080円とかなり割高。空港カウンターでの受け取りも対応していますが4日前までの申し込みが必要です。短い期間や長い期間では他と比べて高くなりますが、15日間程度の利用で故障を気にせず安心して使いたい人にはオススメと言えるサービスです。
【おすすめポイント】発送料無料 保証サービス付き 空港受取可
サイトはこちらから

利用制限のないau 4G LTEが使い放題

au Wi-Fi WALKER LTEは1日あたり690円でauのWiFi端末をレンタルできるWiFiレンタルサービスです。ここのすごいところは4G LTEの高速通信が利用制限なく使えるところです。通常、auの4G LTE通信は月間7GBまでの制限がかかりますが、利用者が7GBを超えて使用した加算分は運営もとの会社グローバルモバイルが負担するという太っ腹っぷりです。その分1日あたりの料金は若干割高ですが、通信制限を気にしないで思いっきり使いたいという方にはおすすめのサービスです。
【おすすめポイント】4G LTEが利用制限なしで使える
サイトはこちらから

一時帰国などには最適 WiFiは必要な時だけレンタルして使おう

WiFiルーターは契約すると1年~2年は強制的に使わないといけないため、必要な時だけレンタルするのがおすすめです。WiFiルーターレンタルのメリット、便利な点は下記のようなものがあります。

メリット1:長期契約必要無し

WiFiルーターは契約時には長期契約が必須です。旅行や出張、一時帰国など少しだけ使いたいという時には契約するわけにはいかないため、少額でレンタルできるレンタルサービスを利用すると必要な時だけ使えて値段も安く済みます。

メリット2:本体代金必要無し

WiFiルーターのレンタルは、基本的にレンタル料金のみで借りることが出来ます。高額な端末本体代金を払う必要がないため、短い期間の利用に適しています。

便利な点1:どこでも配送可能 空港でもホテルでも

WiFiルーターのレンタルは配送先を好きに指定できるため、自宅や滞在先のホテル、病院や、サービスによっては空港にも届けることが出来るため、自分の好きな場所で受け取ることが出来ます。特に一時帰国の方にとって空港で受け取ることが出来るのは非常に魅力的。日本へ帰ってすぐにネットを利用することが出来るようになります。

便利な点2:お試し用、自宅回線開通までの繋ぎ等、用途は様々

一時帰国や旅行、出張時などすぐにネットが使えるようになるところが便利なWiFiルーターですが、他にもWiFiルーターの購入を考えている人が自宅での電波の入り具合をあらかじめチェックしたり、引っ越しで自宅回線が開通していない時に開通までの繋ぎの回線として利用できるなど、幅広い用途で使用することが出来ます。

便利な点3:最短翌日着のスピード 必要な時にすぐ届く

サービスによっては16時までに申し込めば最短翌日到着可能だったり、直接の受け取りが可能であれば申しこんですぐ受け取りに行くことが可能など、急にネット回線が必要になった時でもすぐに借りられるスピードが魅力です。

ワイモバイル、WiMAX、ドコモ・・・各キャリアの違い・特徴は?

各社それぞれ対応エリアが異なるのでエリアを確認しよう

WiFiルーターの主なキャリアはワイモバイル、WiMAX、FOMAです。携帯電話と同じように、各社はそれぞれ対応エリアが異なります。自分の使う地域が対応エリアに入っているか各キャリアのホームページで確認しましょう。

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルの特徴として、全体的に対応エリアがかなり広いです。LTEエリアも広く、都市部などはほぼカバーしていると言ってもいいでしょう。また、GL09Pという端末以外は1ヶ月の利用制限が無いため使いすぎて回線が使えなくなるということがありません(一部、時間帯により速度制限を行う機種があります)。エリア・使い勝手の面で総合的にみてバランスのとれた使いやすいキャリアであると言えると思います。

WiMAXの特徴

WiMAXの特徴はなんといっても通信制限が一切無いこと。1ヶ月の利用制限もなく、時間帯による速度制限などもないためどれだけ使っても問題なく利用できます。サービスエリアの範囲はワイモバイル等と比べると若干狭い感じを受けますが、都市部などは問題なくカバーしています。ただ、WiMAXが使っている電波の性質上、建物内に入ると他のキャリアより若干電波が入りづらくなるという特徴があります。

NTTドコモの特徴

NTTドコモは通信業界最大手だけあって、カバーエリアは最も広いです。ただ、基本的にレンタルできる機種にはどれも通信制限が入っているものが多く、容量の大きい通信をしてしまうとすぐ通信が制限されてしまうというデメリットがあります。メールや簡単なウェブの閲覧などであればそれほど問題は無いでしょうが、動画などを見たりするとすぐに制限されてしまう可能性があります。